招待状の書き方は?

招待状には「切れる」「終わる」という意味をさけるために句読点をつけることはありません。
いつもの手紙の癖でうっかりつけてしまわないように注意しましょう。

まずは「頭語」と呼ばれる言葉から入ります。
具体的には「謹啓」「謹呈」「恭啓」などが良いでしょう。
手紙ではないので「前略」はやめましょう。

頭語の後には招待状を出す月の季節を感じさせる「時候の挨拶」を入れるのがよいのですが、ここは自分たちで考えるのもいいですが、ある程度の例文を参考にしてもいいでしょう。
普段使わないような言葉の配列に失敗してしまってはいけません。

ご招待の文章に「切れる」「去る」「枯れる」などの忌み言葉や、別れや終わりを意味するような言葉は使わないようにしてください。
繰り返しを意味する「重ね重ね」「再び」なども使わない方がいい言葉です。
それらを使わずに段違いに文章を組み立てていきましょう。

日時、開始時間、受付時間を目立つように書きます。
招待状の差出人は披露宴の主催者になるのですが、多くの場合は両家の親の名前とその間柄、本人たちの名前となります。
しかし昔は親の名前で出すのが当然だったのですが、最近ではふたりの名前で出すことが多くなってきました。
この部分は二人だけで解決せずに、必ず両家の両親とも話合った方がいいことですので、招待状を書いたからといって自分たちの名前を書かないようにしましょう。

「○年○月吉日」と詳しい日付は書かない様に締めくくりに入ります。
発送から約1ヵ月後を目安に締切日を設定して、その頃までに返事をもらえるような文章で締めくくってください。

最後に結語で終わらせます。
具体的には「謹白」「敬白」「頓首」などで、「敬具」「かしこ」などは使わないようにしましょう。

大体は決まった形となっており、招待状にはあまりオリジナリティは出せませんが、あくまで招待するための文章ですので、きちんと書くことに重要性をおきましょう。
返信葉書を忘れないでください。

Copyright (C) 自分たちができるおもてなし All Rights Reserved.