記念に残せるウェルカムボード

ウェルカムボードは招待客をお迎えする役目を持っていますが、最近では二人の写真などを入れてあるものが多いようです。
結婚式が終わったらそのまま家でも飾れるようにするためだそうですが、お客様のお迎えとしても十分に目を引きます。

新郎新婦がタキシードとウェディングドレスで並んでいる写真はだいたい試着の時などに撮った写真を使うようです。
本番の結婚式などや披露宴などでは碌に写真を撮る時間はないためにある意味きちんと寄り添った写真になります。
招かれた人も共通の友人などでない限り、二人と共に写真を撮ることは難しいと考えているためか、よくウェルカムボードの隣で一緒に並んで写真を撮ったりします。

ウェルカムボードは用意もしてくれますが、作って持ち込むこともできます。
写真はもちろんですが、花を飾ったり、似顔絵が入っていたり、思い出の品などの写真をアクセントに加えていたりというように、ただの看板以上の役割をしてくれるといってもいいでしょう。

もっともインパクトがあるのが写真ですし、分かりやすいというのもあります。
なんといっても大好きなお爺ちゃんやお婆ちゃんが来てくれた時に文字だけのウェルカムボードよりも分かりやすくて、目を引きます。
式が終わって持って返っても写真だと違和感なく飾れるだけでなく、大きな思い出も品となって家の中に存在しています。

自分たちで作る時間がない時でも今はオリジナル加工をしてくれるところもたくさんありますので、式場でのプランに好みの物がなければ、こちらからいろいろと注文できる場所に頼むというのもいいものでしょう。

一生に一度のものであり、生涯家にあり、子供たちが見て育つウェルカムボードです。
式場に気を使って妥協はせずに本当に気にいったデザインを二人で選びましょう。

勿論タキシードとウェディングドレスの写真にこだわらずに思い出の写真などを使うことも自由ですので、自分たちなりにこだわった写真や文字、デザインを選びましょう。
http://www.endofeva.com/uiruk.html←ウェルカムドリンクについてはこちらのサイトをご覧ください。

Copyright (C) 自分たちができるおもてなし All Rights Reserved.