披露宴と結婚式の違いって何?

結婚式というのは神様の前で結婚の前で誓いをする儀式で、日本人で決まった信仰がなければキリスト教の神でも、人々の前でも誓いたい神や人に対して誓いましょう。
披露宴とは結婚したことを披露する宴のことを指します。
親しい人に結婚した姿を報告、披露することが目的です。

最近はセットになって、結婚式をした後に披露宴という形が多く、まとめて結婚式となっているようですが、結婚式だけをするカップルや結婚式は親族だけで済ませ、披露宴だけに招かれるということも珍しいことではないのです。
様々な理由から籍だけを入れて結婚しましたという形を取るカップルもいますし、披露宴ではなく食事会という親族の交流による本当に話だけの食事会をするという人もいます。
籍を入れれば夫婦と認められますので、本当に結婚式とは神に誓い、披露宴は人々に披露して楽しい時間を過ごすためのものといってもいいようです。

結婚式と披露宴が一緒に考えられるようになったのは同じ日に同じ場所で行われることが多いからでしょう。
少なからず結婚式や披露宴に参加したことが今までの人生においてあったでしょうが、同じホテル内に教会、神前式ができる祭壇、披露宴会場などがあり、何時までにこちらに移動してくださいという形ですので、勘違いも起こりやすいものです。
これは参列者という名のお客様を持て成すためでも、一緒に祝っていただくということもありますが、最近ではセットになって勧めているホテルや企画が多いことも確かです。
披露宴まであげるのは予算的に苦しいと感じて結婚式だけ親しい人を招いてと考えると披露宴も付いてくる感じです。

そこで特に信仰のないカップルに人気なのが人前結婚式なのかもしれません。
親しい人たちの前で誓うのも結婚式に外れているわけではありませんし、そのままパーティになれば披露する披露宴になります。
何時間か貸切にして、楽しい食事とお祝いの余興で盛り上がるというのもいいでしょう。

Copyright (C) 自分たちができるおもてなし All Rights Reserved.