披露宴スタッフの選び方

披露宴スタッフはホテルのスタッフに頼む方が、プロですし、安心で確実です。

しかし友人や親戚などでしてくれるというのであれば頼むこともいいでしょう。
本当にそれは本人が望んでくれたときのみであって、基本的には一緒に招待客として招きたいのだというスタイルでいてください。
頼めるほどに親しいからこそ楽しんでもらいたいという気持ちは大きいはずです。
その人がそちらの方がいいという時にだけお願いしましょう。

頼めることはある意味では限られています。
本当に手作りの披露宴をする場合ならばともかく、ホテルなどは当然専門の人がいらっしゃいます。

まず最初に顔を合わせるのはウェディングプランナーで、その名前の通り結婚式に関する提案を行ったり、企画をすることを職業としている人です。
この人と本当に細かなことまで打ち合わせていくことが結婚式や披露宴の成功につながります。
またプロとしての意見を聞き、こちらの意見を押し付けることだけをせずに話し合うことによって、こちらの意見も通しやすくなり、信頼関係が生まれます。

司会者はプロ、友人と任せることが可能です。
プロはやはり仕事にしているだけあって、起点などが効きます。
友人の場合は本当にしたいと望んでくれていなければ大変ですので、その点だけは注意するようにしてください。

介添人は新婦の身の回りの世話をしてくれます。
慣れないドレスに動きにくい花嫁の補佐をしてくれるのには欠かせません。
たまに姉妹などがしてくれことがありますが、慣れていないと邪魔になることもあり、見かけほど優しい仕事ではないことを伝えた方がいいでしょう。

カメラマンはプロとカメラ好きな友人との場合、どちらに頼むのもいいですし、どちらに頼んでもいいでしょう。
いつの間にか友人がカメラマンの補佐のようなことをしていては驚きますが、まったく違う景色でとらえた写真も楽しい思い出を重ねてくれます。

キャプテンというのは当日の現場責任者でスタッフを統括します。
料理を出すタイミング、進行などを統括する責任者です。
当日にだけ会うことが多いので気になる人はウェディングプランナーなどに相談してみましょう。

Copyright (C) 自分たちができるおもてなし All Rights Reserved.