スピーチは誰に頼んだらいいの?

http://www.rootdownsound.com/8.htmlにも書いてあるように。披露宴に頼むスピーチは新郎新婦の両方から出てもらう必要があり、時間も限られています。
特に仲のいい子や幼馴染、学生時代からの友人、会社の先輩など候補はたくさんいますが、まず時間と人数をプランナーの人から聞いて、そのうえで新郎新婦とでバランスを考えて決めるようにしましょう。

勿論、希望的には付き合いの長い仲のいい人から頼みたいものですが、そういうスピーチが苦手な人というのはどうしても存在します。
そのため無理に頼むと言うようなことはせずに、頼むだけ頼んでみるという形をとりましょう。

性格が分かっているほどの付き合いならばスピーチが出来ないようなタイプかも分かっており、実際にそういう事例もあります。
「一番仲がいいからはじめの声かけで断ってもらっていいように話をもっていったのだけど、友人だからと引き受けてくれました。
当日のスピーチはすごい赤面して、小さな声で周りが心配になるようなスピーチで、こちらもハラハラし、後日会ったら謝られました」となんとも後味の悪い感じになってしまった例もあります。

大人だからスピーチなんて誰でも出来ると言うわけではありません。
また率先してしたがる人も気を付けないととんでもない爆弾発言をされたりしますし、会場が引くような下ネタを話すような人がいますので、スピーチを頼む人は繋がりも大切ですが性格も大切です。
そういう面ではしっかりした上司、積極的な性格の友人、人生経験が豊富な恩師などが理想のスピーチメンバーともされています。

また中にはそういうのに振り回されたくないとスピーチ自体をしないこともあります。
それではスピーチの時間はどうするのかとすれば、司会者などがインタビューや不意打ちのような形で話を聞きにくるという形になります。
一種のサプライズで皆様はドキドキしますが、司会者には新郎新婦から話のうまい子の情報を伝え、きちんと話をできる人だけを選んでもらうということはしておきましょう。
こちらのスピーチのコツと文集例http://www.puppetgov.com/spchi.html>も大変参考になると思います。

Copyright (C) 自分たちができるおもてなし All Rights Reserved.