記念品はどんなのにしたらいいの?

披露宴を締めくくるとも言ってもいい両親への記念品の贈呈は、最近は花束贈呈に変わって人気です。
贈るものは花束でもいいのですが、枯れるのが哀しいという理由から物に移行する傾向にあるようです。

よく贈られるのは新郎新婦のそれぞれが生まれたばかりの大きさ、重さのオーダーメイドのテディベアやフォトアルバムなどというように本当に記念品といってもいいものが多いです。
後は旅行券を渡し「今まで面倒をみてくれてありがとう。これからは二人で旅行にでも行って羽を伸ばしてね」と言葉を添えたり、観葉植物を渡し「これからは私の代わりに育ててね」と言う人もいます。

他にも似顔絵を描いて額に入れて渡したり、パジャマを渡して「みんなお揃いだから」と色違いの同じパジャマを新郎新婦、その両方の両親が着られるようにと渡していることもあります。
またそういう意味で両家がつながったということでお揃いのもので統一したりもします。

どんなものであっても喜んでくれるでしょうし、新郎新婦にとっても両親にとっても最大に涙がもろくなってしまいます。
しかし残念ながら本当の意味で盛り上がっているのは身内や本当に両親などとも面識のある親しい人のみで、人によっては冷めてみている人もいらっしゃるのです。
ある意味、招待客を放っておいてのものになってしまいますので仕方がないともいえるのですが、そういう意味でもあまり長めの時間を取らずに速やかに締めに入るのがいいでしょう。
披露宴で招待客をいつまでも放っておくことは失礼にもあたりますし、記念品贈呈がラストというのも大きな要因といえます。

また両親によってはそんな人様の前で泣かせるようなことはしないでと言われる人もいるようで、前もって食事会をして、食事と本当に好きなものを渡した方が泣かれたけれど喜ばれたという人もいます。
決まった演出が必要なわけではなく、また招待客だけに集中する披露宴で影に徹したがる両親もいるようです。

Copyright (C) 自分たちができるおもてなし All Rights Reserved.