招待客へ感謝の気持ちを伝えよう

決められた結婚披露宴だけではなく、少しの工夫で招待客に喜んでいただけることができます。

まずは結婚披露宴までの時間がある人などはウェルカムボードは勿論のこと、席次表や席の名札などを手作りしたり、ちょっとしたメッセージなどを添えて置いておくだけでかなり雰囲気が手作り感、一杯になります。
特に手書きなどだと最高に温かいです。
席次表は席次表事態は手書きは難しくても、席のところにメッセージを入れることによって大きく違う物になります。

またブーケトスやブーケニアトスなどでブーケ以外にもプレゼントを配りましょう。
最近はブーケなども投げずにリボンの先に結びつけるという形ですので、リボンの先に色々なプレゼントを付けておくと喜ばれます。

ブーケトスの場合は可愛いマスコットや入浴剤や石鹸の詰め合わせ、紅茶やハーブの葉のセットなどが喜ばれます。
ブーケ以外は全てテディベアのマスコットが付いていたという状態があり迫力がありました。

ブーケニアトスの場合は、本命はウィスキーかブロッコリーのマヨネーズ付きなどですが、他にも入浴剤や石鹸の詰め合わせ、紅茶やハーブの葉のセットなどが選ばれています。
さすがにこちらにはあまりマスコットは付けないようです。

こうしたサプライズプレゼントは「迎賓」「送迎」の時などでもできます。
言葉を交わしながら渡していけるのです。
中にメッセージカードを入れてもいいでしょう。
ただし忙しいので同じ言葉になってしまうといえます。
その代わり手書きだと温かさが増します。

また実際にキャンドルサービスはやめて、再入場しながらプレゼントを渡しながら言葉を一人ひとりと交わしながら歩いたということも最高の演出になったそうです。
直接おめでとうと祝いの言葉も言えたうえ、可愛いプレゼントとメッセージと言葉により、嬉しさも倍増したそうです。
何よりも明るいので写真も綺麗に撮れますし、フラッシュなども使わなくてよいのが邪魔にもならなくて安心したそうです。

他にも様々なアイデアで招待客を感激されている工夫がされている披露宴は多くあります。

Copyright (C) 自分たちができるおもてなし All Rights Reserved.