初めての共同作業とは?

「夫婦、初めての共同作業です」というのはケーキ入刀でよく聞きますが、結婚式当日に式を入れたのでしたら、結婚式と結婚披露宴が「夫婦初めての共同作業」になるのではないでしょうか。
結婚披露宴は招待客として招いた人々に自分の伴侶を紹介して披露するという立場であり、また招待客をもてなす場でもあります。
ある意味、その日に夫婦になった二人にとって初めてのお客様といえます。
おもてなしをすることこそが夫婦の初めての共同作業と言ってもいいでしょう。

しかしそのための準備はそれまでの間にできてしまっているといってもいいでしょうから、当日は二人で笑顔でたくさんのお礼をしましょう。

勿論、披露宴自体もアドバイスをもらいながらとはいえ、自分たちで準備した様々な歓迎準備を整えた場所といってもいいでしょう。
家よりも大きな会場で、かなりのお洒落というか、ドレスアップをして、美味しいものを食べてもらって楽しんでいただくことがとても大切なことです。
夫婦で招待した初めてのお客様を歓迎し、喜んでいただくことが目的と言えます。

そういう意味ではスケールの大きくなったお客様のおもてなしが夫婦の初めての共同作業になるのですから、しっかりと準備を整えて歓迎しなくてはいけません。
二人そろって初めて迎える新しい家でのお客様に失礼があってはいけません。
お迎えをして、挨拶をし、料理を食べてもらいながらお話や余興などの遊びを行い、挨拶をして、お土産をもらってもらい、お見送りのスケールが大きくなったのが披露宴です。

二人がどのようなことを考えて計画をし、どのように歓迎するのかをみせることになるといってもいいでしょう。
招待客に悪印象を与えないようにするためにもしっかりと準備をして本番を迎えるようにしましょう。

またお互いに相手側で知らない人がいないかの交流の場にもなりますので、新たな絆が深まっていくといえるでしょう。
楽しく礼節を守った結婚披露宴を行い、招待客を歓迎いたしましょう。

Copyright (C) 自分たちができるおもてなし All Rights Reserved.