来賓者への感謝の気持ち

来賓者の皆様はそれぞれの予定を開けて、わざわざ来ていただいていると考えれば自然と感謝の念も沸いてきます。
いかに楽しんでいただくのかという気持ちで様々の用意をしましょう。

まずは料理です。
お客様をお招きする際にも普通に食べ物や飲み物は用意しますが、それが大きくなったのが披露宴の料理です。
自分たちの身の丈にあった最高のものでおもてなしをしましょう。
中にはそのためにレストランでの披露宴を選ぶ人もいるほどです。
いかに楽しんでもらえるのかということを考えて選びましょう。

意外と料理の評価が披露宴の評価になることが多いのです。
人間は美味しいものを食べたことに対しての記憶力がいいのです。

また来賓者同士は人数の関係から知らない人が多く、同じテーブルについてもらっている人であったとしても知らない人ということになってしまいます。
そこで余興でテーブルごとにまとまってもらい、何かをすることで交流を図り楽しんでもらいましょう。

一番いいのは「新郎新婦クイズ」で、各テーブルで1つのチームになってもらい、問題に対して答えを書いてもらうという形式にした方がいいでしょう。
分かった人が手を挙げては個人戦になりますし、相談もしませんので意味がありません。
また親テーブル、親戚テーブルなどが参加しない場合があります。

正解したテーブルのチームにはホテルのスタッフに頼んで商品を運んでもらいましょう。
できればその場で食べられるお菓子などがいいのですが、別料理を作ってもらうのも持ち込みも難しいので、あらかじめ小さな商品を用意しておきましょう。

クイズによっては何処が正解を出しやすいかが予想しやすいので、好みのものを用意しやすいとはいえます。
本当は正解者には新郎新婦が届けて話すというのもいいのですが、新郎はともかく新婦が移動するのは時間がかかり、他の人が退屈してしまいます。
楽しんでいただくことを考えての余興を考えましょう。

小さなプレゼントであったとしても手書きのメッセージなどを入れておくことで、心が伝えられます。

Copyright (C) 自分たちができるおもてなし All Rights Reserved.