素敵な「新郎新婦入場」にする為に

「新郎新婦の入場です」という言葉と共に音楽がなって、場合によってはスモークがたかれてBGMと共に新郎新婦が腕を組んで入場してきます。
ここは始めの大切な場面であり、始まりです。

そのための音楽は結婚披露宴での定番の曲、二人の思い出の曲やその年に流行ったウエディングソングであったりと色々です。
これは二人で決めた曲で、明るめの曲を選んでいることが多いです。
司会者などに曲の由来などを言っておけばなお盛り上がるでしょう。

たまに入場からサプライズではありませんが、キャンドルサービスから入るという新郎新婦がいます。
確かにキャンドルサービスが再入場の時ではないといけないということはありませんので、各テーブルを回って挨拶をしながら入場するというのもいいでしょう。
そしてキャンドルを付け終わって一礼したら、ホテルの方にサッとカーテンを開けていただき、その隙に壇上に上がり、再び礼というように少し変わった演出をしてみてはいかがでしょう。

その場合再入場ではまた違う嗜好を凝らすようです。
すべてされた方がいらっしゃることですが、音楽が鳴って「お色直しをした新郎新婦の入場です」と開けられた扉に注目したら反対の扉が入ってきたりします。
ベランダに大きなバルーンがあると注目していたら、割れたら新郎新婦が登場したり、今では特別なホテルにしかないゴンドラにスモーク付きで登場したりと、アイデアは尽きないようです。

また普通に入場してきたと思ったら、テーブルを回って小さなプレゼントを渡しながら一言ずつ話をしたりしてくれるのも嬉しいサプライズになります。
招待客の皆さんと交流をはかってくれるというのが嬉しいことです。

またこの入場で一番大切なのは司会者の念密な打ち合わせだと言われています。
プロの方だとある程度の臨機応変は効きますが、それでもあまりに普通とは違うことがしたい場合は段取りなどがすべて司会者の言葉とホテルスタッフの行動にかかってきます。
しっかりとした打ち合わせが「新郎新婦入場」を素敵なものにするかにかかっています。

Copyright (C) 自分たちができるおもてなし All Rights Reserved.