新郎の衣装はどうしよう

結婚式や結婚披露宴などで衣装が目立つのは新婦のウエディングドレスや白無垢、打掛などです。
ですが、実は新郎の衣装についても決して添え物などという言葉などではないほどに豊富で、合わせるといったら悩むほどにあるのです。

まずは色ですが、結婚式だから白ではないのかと白を選ぶ人も多いですが、実際はグレーが多く、黒も普通に着ることができます。
他にも細かなデザインなどで変わるようですが、白だけではないし、光沢のあるものを選ぶ人も多いのです。

そして一般的にはタキシードが定番衣裳になっており、日本では昼夜問わずで活躍します。
特徴としましては体形にかかわらず誰にでも着こなしやすく、バリエーションが豊富です。

フロックコートは格調高く、重厚なチャペルや広い披露宴会場に映えるために厳かな雰囲気の場所を選んでしまった場合には相応しい衣装といえます。
新婦のウエディングドレスがボリュームのある華やかな衣装であっても決して負けていないデザインとなっています。

モーニングコートは昼から夕方にかけての正礼装で、中にベストを着用するスタイルの衣装です。
基本的に夜には着ない衣装になっています。
足を長く、スマートに見せてくれるクラシカルスタイルのためにスタイリッシュに映えるのが特徴です。

セレモニースーツははじめから着るというよりはお色直しや二次会用として選ばれやすい衣装です。
新婦がカラフルなカクテルドレスなどを着たときなどに合わせやすいと言えます。
通常のスーツと形状が似ているので、体形やシーンを選ばず、ファッショナブルなデザインや素材でお洒落に着こなすことができます。

そして紋付き袴は和装の結婚式では定番といってもよく、日本男児にはやはりこちらの方があうとも言われているほどです。
ただし着慣れていない初めて着るという人も珍しくなく、あまり選ばれにくい衣装でもあり、写真だけ記念に撮るという人もいるほどです。
今では男性は女性以上に着物に慣れていません。

男性も試着をこなして衣装を選びましょう。

Copyright (C) 自分たちができるおもてなし All Rights Reserved.