結婚披露宴には誰を呼ぶの?

結婚披露宴に呼ぶ人を選ぶのは大変です。

まずは人数を決めて、会社の上司や友人、親戚などと、親しい人、お世話になった人、なる人などというように決めていければいいのですが、そう簡単に行かないのが招待客のリスト作りです。
この人を呼びたいけれどそうしたらこの人の呼ばなくてはいけなくなると言うように、悩んで決めたら、相手とのバランスが悪かったりしたらどちらかが合わせなくてはなりません。
基本的に釣り合うように招待客を選んだ方がよいとされているのです。

また悩むのが親戚が多い場合で、あまりにも多すぎるようならば親戚は親戚でお祝いをして、本当の近親者だけを招待する方にした方がいいそうです。
ある結婚式の招待客のリストを作った人は親戚を絞っても絞りきれなかったらしく、結局は友人は招待せず、上司だけを加えた結果、見事なまで年配者の多い釣合の相手側とのバランスが悪い披露宴になってしまったそうです。
幼い頃から親戚との交流が深く一番祝ってもらってみてもらいたかったからといっても親戚全員が自分に親のように接して、上司や相手側の招待客に接するものです。
ですから、披露宴というよりも親戚のお祭り状態になってしまったそうです。

一番に祝ってもらいたい人を呼ぶのは間違いではありません。
生涯の伴侶を披露するのが結婚披露宴です。
しかしやはりバランスというのは大切ですので、注意して選びましょう。
また会社関係を呼ぶ時だけは親しい人を減らしてでも上司や先輩を優先させましょう。

祝ってもらいたい人を呼ぶのと同時に結婚披露宴は、自分が新しい家族と共に歩むことを示すという社交の場という意味をもっています。
お互いにどのような人を呼ぶのかということを話合いながら確認するには席次表にどのような間柄かの確認もして、対照的とまではいかなくても似たような感じになる様な招待客のリストを作るのが理想的です。
思いがけない知らない名前が出てきて、関係を聞いて当日に会うことができるというのも披露宴の思いがけない効果です。
また結婚披露宴の費用http://www.theweddingcenterinc.com/hiy.htmlもしっかり調べておきましょう。

Copyright (C) 自分たちができるおもてなし All Rights Reserved.